脳の病気まるわかり

超音波検査(エコー検査)

 

超音波検査(エコー検査)とは

 

 

 

 

超音波検査(エコー検査)とは、超音波を対象物(体の一部)に当てて、物体に反射して戻ってきて受診した超音波を映像化することで、対象物(人体)の内部の状態を調査する画像検査法の一つです。

 

硬い骨に囲まれた頭蓋内を除く体の大部分についてエコー検査で観察することが出来ます。更に、頭蓋骨の中も照射する部位を骨の薄い部位に限定すると覗くことができます。

 

超音波とは音の一種であり、通常、耳で聞こえる音(可聴音)より高い周波数の音のことをいいます。音の高さは周波数で表されます。人間の耳で聞き取ることが出来る周波数は20ヘルツ(Hz)~20,000ヘルツ(kHz)です。超音波に用いる超音波の周波数は4メガ~15ヘルツ(MHz)程度です。

 

 

超音波検査の特徴

 

機器が大きくなく小回りが利くため、患者さんのベッドサイドで検査を行うことが出来ます。リアルタイムに人体の内部を観察することができます。X線レントゲン装置、X線CT装置、核医学診断装置と異なり放射線を使用しない検査であり、診断に用いる程度の強さの超音波では、健康被害はありません。基本的に痛みはありませんが、硬い機器を当てて検査するため、軽い痛みを伴うこともあります。機器と人体との間に空気が入らないようにする必要があるため、ゼリーをつけて検査します。

 

 

脳神経外科領域の超音波検査

 

最も多く用いられるのは、頚部の血管の検査です。頚動脈や椎骨動脈の観察をします。頚動脈、特に総頚動脈が内頚動脈と外頚動脈に分岐する部分は動脈硬化や高度狭窄を起こしやすい血管で、全身の動脈硬化の指標にもなります。主に、動脈硬化の状態や動脈の狭窄の有無を観察する目的で行います。

 

頚動脈は、顎の手前あたりで内頚動脈と外頚動脈に枝分かれしますが、この部位は動脈硬化で細くなりやすく、とても重要な部位の一つです。

 

その他、頭蓋内の動脈を評価する経頭蓋血流ドプラーや、新生児の大泉門から頭蓋内を観察する方法などがあります。

 

 

評価項目

 

内中膜厚(IMT)

 

血管壁は3層構造をしています。このうち一番外側の外膜を除く部分を内中膜複合体と呼び、この部分の厚みをIMTといいます。IMTは早期の粥腫硬化の指標と考えられており、IMTが肥厚してくると動脈硬化の進行が疑われます。

 

プラーク

 

健常者のIMTは、1.1mmを超えることはありません。IMTが1.1mmを超えて肥厚していると、プラークが形成されていると考えます。厚いプラークがあれば動脈硬化の進行が疑われ、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の高リスク群となります。

 

その他、プラークの性状を見ることも重要で、エコー輝度表面性状均一性可動性の評価を行います。

 

エコー輝度は低輝度、等輝度、高輝度に分けられます。低輝度は粥腫や血腫、等輝度は線維組織、高輝度は石灰化病変を示唆し、低輝度プラークはもろく崩れやすいため、脳梗塞のリスクが高いと考えられています。

表面性状として、一部にえぐれたような陥凹があれば、潰瘍や壁不整と考えれます。これらは脳梗塞のリスクとなります。

 

エコー輝度が2種類以上ある場合を不均一といい、不均一プラークは均一プラークよりも症候性の病変であることが多いと考えられます。

プラークに可動性を持った血栓が付着している場合があります。血栓は剥がれると血流に乗って末梢で詰まるため、脳梗塞の危険因子となります。

 

狭窄率

一番細いところがどの程度詰まっているかを測定します。狭窄率には直径の比率(元の血管径と細い部分の残存血管径の比率)を求める方法や、面積狭窄率(元の血管の断面積と細くなったところの残存面積の比率)を求める方法などがあります。前者には、基準となる血管をどの部位にするかによって、ECST法、NASCET法などがあります。面積狭窄率は直径狭窄率よりも小さくなる傾向にあります。日本人では欧米人と比較しても頚動脈分岐部が高い位置にあり、内頚動脈遠位部が見えにくいことがあります。

 

血流速度

血流速度で求めるのは収縮期最高血流速度(PSV)、拡張末期血流速度(EDV)、平均血流速度(TAMV)、pulsatility index(PI)です。

 

PSVが150cm/secを超えるとNASCET法で50%以上、200cm/secを超えるとNASCETで70%以上の狭窄が疑われます。

 

総頸動脈の拡張末期血流速度(EDV)の左右比であるED ratioを計測し1.4以上の場合は内頸動脈の閉塞や高度狭窄の可能性が高い状態です。

 

PI は拍動指数であり、血流が動脈の測定している部位から末梢に血液が行きやすいかどうか(血管抵抗性)の指標です。

 

PI=(PSV-EDV)/TAMV

 

末梢血管抵抗が少ない組織に流入する血管では脈動性が少なく、PIは低くなります。反対に末梢血管抵抗の大きな組織に流入する血管では拍動性が高く、PIは高くなります。

 

椎骨動脈の評価

 

血流の有無、血流速度、血流速度の左右差、血管径の左右差が評価可能です。また椎骨動脈に血流の逆流が見える場合は鎖骨下動脈盗血現象が疑われます。