脳の病気まるわかり

脳血管障害(脳卒中)とは

 

脳卒中とは

 

脳卒中とは、血管系の異常が原因で脳に機能障害が生じた状態を指します。その多くは急速に症状を出し、緊急を要する状態です。

 

代表的な脳卒中は

脳梗塞

– 脳出血

くも膜下出血

です。

 

その他にも、「一過性脳虚血発作」というものもあり、これはいわゆる脳梗塞の予兆です。

 

 

脳梗塞

 

脳梗塞は脳血管が細くなる(狭窄)、もしくは詰まる(閉塞)ことにより、脳へ十分な血流が届かなくなり、一部もしくは広範な脳細胞が死んでしまった状態です。脳梗塞は、MRIやCT検査を行えば明らかになります。ただ、画像に一致した症状が出現する場合と出現しない場合があり、出現しない場合を無症候性脳梗塞(隠れ脳梗塞)と呼びます。

 

症状は多彩で、麻痺言語障害視野障害高次脳機能障害意識障害などがありますが、重篤な場合には脳ヘルニアを生じて生命の危機に直面します。

 

高血圧、高脂血症、糖尿病の管理、禁煙、大量飲酒を避けることなどにより、発症リスクを低減させることが可能です。

 

 

脳出血

 

脳出血は、脳血管が破れて脳内に出血した状態です。最も多いのは高血圧に伴う末梢血管の動脈硬化性のものですが、その他にも認知症に伴うもの(アミロイドアンギオパチー)、もやもや病脳動静脈奇形など様々な原因があります。脳出血は脳梗塞よりも症状が重篤なことが多く、脳ヘルニアに至りやすく死亡率も高いです。

高血圧の管理が重要です。その他、血管の病気があれば未然に治療を行うこともあります。

 

 

くも膜下出血

 

くも膜下出血は、脳血管が破れて脳の表面を覆うように出血したものです。その多くは頭蓋内の太い血管に出血源があり、大部分は脳動脈瘤の破裂です。太い血管の破裂ですので、症状は重篤なことが多くなります。通常、激しい頭痛もしくは意識障害を伴います。

脳動脈瘤の破裂であれば、未然に発見し、予防的治療を施すことで発症を防ぐことが出来ます。

 

 

脳血管障害とは

 

脳血管障害とは、脳に関係した血管の異常全てを含んだ病態を指します。その中には「脳卒中」も含まれますが、脳卒中を起こしていない血管の異常をも含みます。未破裂脳動脈瘤内頚動脈狭窄症などはその代表です。

 

脳の血流が悪くなって生じるものを虚血性脳卒中、脳の血管が破綻して出血を生じるものを出血性脳卒中と呼びます。

 

虚血性脳卒中(脳梗塞を生じえるものとしては、内頚動脈狭窄症のほかに動脈硬化性の頭蓋内動脈狭窄症、もやもや病、脳静脈血栓症、脳血管攣縮(れんしゅく)などがあります。全身のものとしては心房細動を始めとした血栓を作る病気が挙げられ、血栓が脳血管に飛んでいくと脳梗塞を起こします。

 

出血性脳卒中(脳出血くも膜下出血を生じえるものとしては、脳動脈瘤のほかに脳動静脈奇形海綿状血管腫もやもや病硬膜動静脈瘻脳腫瘍からの出血などがあります。

 

脳卒中は脳血管の異常や生活習慣病の早期発見、治療、是正により予防することができる可能性のある病態です。日頃の健康増進脳の健康状態の定期的な検査が重要になります。