脳の病気まるわかり

振戦

 

振戦とは、「身体の一部または全身に出現する不随意で律動的な運動」のことです。

 

パーキンソン病本態性振戦老人性振戦ジストニア、脳血管障害、アルコール性、代謝・内分泌性、薬剤性のものなどがあります。

 

安静時振戦、姿勢時振戦、動作時振戦などに分けられ、安静時振戦の代表例はパーキンソン病です。

一方、姿勢時振戦の代表は本態性振戦と呼ばれるものです。

 

(ここからは主に本態性振戦に絞って話します)

 

 

本態性振戦

 

本態性振戦は、姿勢時振戦の代表的なもので、不随意運動の中でも特に頻度の高いものの一つです。年齢とともに増加し、40代以降では4%程度で、高齢者では更に多いと言われます。”本態性”と呼ばれるゆえんは、調べてみても特に原因となるものが出てこないからです。ただ、家族性に発生することも多く、遺伝的素因が絡んでいる可能性はあります。

 

手を膝の上に置いた状態などの安静時には振戦は目立ちません。主に姿勢時と動作時に手が震えるので、上肢をまっすぐ伸ばした姿勢で保持したり、書字などの動作をすると手の震えが悪化します。時としてパーキンソン病との区別が難しい場合がありますが、安静時には振戦が軽減する点、首から上の振戦も伴うてんなどで見分けます。なお、本態性振戦とパーキンソン病の発症には関連があるという報告も増えています。

なお、振戦以外の症状は伴いません。

 

 

治療方針

 

本態性振戦に対する治療の開始は、まずストレス対策などの生活指導です。十分な効果が得られない場合の治療の基本は薬物療法です。その他、ボトックス治療や手術といった選択肢もあります。

 

 

内服薬

 

薬としては、交感神経遮断薬(プロプラノロール、アロチノロール)、抗てんかん薬(プリミドン、クロナゼパム)、抗不安薬(アルプラゾラム、ジアゼパム)などが効果があるとされています。抗てんかん薬のガバペンチンやトピラマートが有効という報告もあります。

わが国で本態性振戦の治療薬として保険適用があるのは、アロチノロール(アロチノロール塩酸塩)のみですから、第1選択薬としてまずはアロチノロールの内服が推奨されます。なお、β遮断薬の使用により、心臓の収縮力を弱めたり、心拍数(脈拍数)が減少したり、気管支喘息が悪化するといった可能性もあり、注意する必要があります。

アロチノロールの内服効果が不十分な場合は、海外の治療ガイドラインからプロプラノロール(インデラル)、プリミドン(プリミドン)の投与がガイドラインで推奨されています。プリミドンは、眠気、めまい、嘔気などの副作用に注意して、ゆっくりと増量するのが望ましいとされています。

精神的緊張で悪化する場合には、抗不安薬を用いることもあります。

 

ボトックス治療

 

ボツリヌス毒素を応用した薬(ボトックス)を局所に注射する治療方法です。四肢、頭部、喉などのうち局所に限局した振戦に対して用いられます。また、薬の効果が不十分な場合や、副作用により使用できない場合にも使用されます。
ボツリヌス毒素の使用には制限があり、認定を受けた施設のみでしか行うことが出来ません。

 

 

定位脳手術(脳深部刺激療法、破壊術)

 

手術の対象となるのは、振戦のために日常生活や社会生活に支障が出ていて、他の有効な治療がない場合です。診断に疑問がある場合や認知症の方では適応から外れます。

 

手術による治療としては、脳深部刺激療法もしくは破壊術が行われます。これは、脳の振戦に関わる部分を電気刺激もしくは破壊することで、震戦が起こらなくするというものです。振戦に関わる部分のうち、手術の目標となる脳の部位は大脳の深部にある「視床の腹中間(Vim)核」と呼ばれるところです。

 

パーキンソン病に対する手術と同じ方法で手術を行います。刺激でも、破壊でも、Vim核を狙って細い器具を挿入するような手術になります。

 

簡単に説明すると、以下のようになります。

頭部に座標のついたフレームを固定した状態でMRIを行い、ターゲットとなる部位(Vim核)の座標を確認します。

頭皮上から挿入する位置を決め、ターゲットの座標を設定すると、おのずと挿入方向が決まります。

頭皮を小さく切開し、頭蓋骨にも小孔を開け、脳表からターゲットに向かって金属製の細い管を挿入していきます。

ターゲットに到達すると、破壊の場合には熱凝固して破壊します。刺激の場合には刺激するための電極リード線を挿入します。

 

刺激の場合には、刺激用のバッテリー・電流発生装置を鎖骨の下に埋め込んで手術を終了します。

 

刺激でも破壊でも同様の効果が期待できるのですが、破壊する場合は合併症(意識障害、記銘力障害、構音障害、発声障害など)の危険性が高いため、片側にしか行いません。

 

刺激でも破壊でも、脳出血、構音障害、発声障害などには注意しなければなりません。