脳の病気まるわかり

脊椎と脊髄(一般)

”脊椎”と”脊髄”の関係

 

脊椎と脊髄の違いってお分かりになりますか。

 

脊椎とは、つまりは背骨のことです。

 

背骨は、通常は7個の頚椎(首の骨)、12個の胸椎(胸の骨)、5個の腰椎(腰骨)、そして仙骨と尾骨から成ります。頚椎と胸椎と腰椎は、その形状や大きさからも区別可能ですが、最も分かりやすいのは、胸椎からは肋骨(ろっこつ、あばらぼね)が出ていることで判定することです。肋骨は左右12対あります。

 

では、脊髄とは何でしょうか。

 

脊髄とは、脳から続く神経組織です。これは、中枢神経組織に含まれます。手足を走る神経が末梢神経組織と呼ばれるのと対比して用いられる言葉です。つまり、脊髄は発生や機能、構造面からみて脳と連続したものです。

 

脊髄は、どこにあるのかというと、脊椎の中を通ります。

上から見ると、脊椎には穴があるのが分かります。この穴を脊柱管と呼びます。

MRIでみると、このようになります。下の図の矢印の先にある上下にまっすぐ伸びる黒いものが脊髄です。

 

脊髄は、脳から手足に行く神経の経路であるほか、自律神経系をコントロールする中枢もあります。

 

脊椎・脊髄と病気

 

脊椎に関係する病気として有名なのが、ヘルニアです。正式には脊椎椎間板ヘルニアと呼ばれ、頚椎や腰椎に多いものです。脊椎そのものの変性により生じるものとして、頚椎症、腰部脊柱管狭窄症、脊椎分離症・辷り(すべり)症などがあります。その他、脊椎の周辺を構成する靭帯からは後縦靭帯骨化症や黄色靭帯骨化症などが生じます。

 

脊椎の変形や変性以外の病気としては悪性腫瘍の脊椎転移や外傷(圧迫骨折など)、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス(結核)などもあります。

 

脊髄にも病気は発生します。脊髄に発生する病気としては、脊髄腫瘍(脊髄実質内腫瘍、脊髄髄外腫瘍)、脊髄の血管奇形(脊髄動静脈瘻や動静脈奇形)、脊髄係留症候群などが挙げられます。

 

脊椎・脊髄の病気は、頚部痛や腰痛の原因になるほか、手足の運動麻痺や感覚障害、しびれ、排便や排尿の障害などを生じる音があります。症状は疾患ごと、そして発生部位によりに異なります(ここでは割愛させて頂きます)。

 

脊椎・脊髄の病気を診るところ

 

脊椎・脊髄の病気はどこで取り扱うのでしょうか。

 

わが国では、腰痛などの脊椎の病気は整形外科で扱うという認識が多いかもしれません。特に西日本では”脊椎”といえば整形外科で取り扱われる傾向があります。ただ、東日本ではその限りではなく、脊椎疾患を多く取り扱う脳神経外科が多数存在します。

 

では、”脊髄”はどうでしょうか。脊椎(背骨)に慣れた脊椎専門の整形外科医の中にも、脊髄の病変を取り扱うのには抵抗がある、もしくは脊髄は扱わないという医師はとても多い状況です。脊髄は中枢神経の一部ですし、そこから発生する病気(腫瘍や血管奇形)も脳に発生するものと大きく異なるわけではないので、脳神経外科医が取り扱うケースの方が多いと思います。つまり、脊髄腫瘍は腫瘍専門の脳神経外科医、脊髄血管奇形は脳血管障害を専門とする脳神経外科医が取り扱う方が、扱い方への習熟度が高いと思われます。

 

海外ではどうでしょうか。米国でも、お隣の韓国でも、脳神経外科医の過半数は脊椎・脊髄専門の”脊髄外科医”です。彼らは基本的に脳そのものの手術はしません。つまり、海外に行けば脳神経外科医が脊椎・脊髄を取り扱うことが一般的のようです。

 

脊椎・脊髄領域で代表的な英文誌”Journal of Neurosurgery, Spine”は、脳神経外科領域を代表する英文誌”Journal of Neurosurgery”の別冊です。”Neurosurgery”を直訳すると”神経外科”、つまり脳神経外科のことです。これは、世界的に見たら脊椎・脊髄領域は脳神経外科医が取り扱うことの現れです。

 

まとめると、わが国では、
「脊椎は整形外科医でも脳神経外科医でも慣れた医師が診ればいい」
「脊髄についてはそれぞれの疾患を専門的に取り扱う医師(主に脳神経外科医)に見てもらった方が無難であろう」
、ということになります。