脳の病気まるわかり

– アイスクリーム頭痛 –

 

アイスクリーム頭痛

 

皆さんは、アイスクリームを食べたときに、キーンと頭が痛くなったこと、ありませんか?

あの痛み、結構強烈ですよね。

 

アイスクリームやかき氷などの非常に冷たいものを食べた直後に生じる頭痛を、医学的に「アイスクリーム頭痛(Ice-cream headache)」と呼びます(かき氷で頭痛が起こってもかき氷頭痛とは呼びません)。

 

夏はかき氷やアイスクリームなどの冷たい食べ物が美味しい季節ですが、急いで食べるとキーンと頭が痛くなってしまうこともありますね。

 

ところで、冷たいものを食べると頭が痛くなる理由を御存知でしょうか。

 

原因として、主に以下の2つの説が有力のようです。

 

 

① 関連痛説

 

口の中の感覚を脳に伝達する神経として、三叉神経と呼ばれる神経があります(口の奥の方には舌咽神経もあります)。

 

冷たい物が口に入ると三叉神経が刺激されますが、刺激が強すぎると三叉神経を介した感覚の信号伝達に混乱が生じてしまいます。「冷たさ」を伝えるはずが、「痛み」までが脳に伝達され、頭痛を感じます。伝達信号を脳が勘違いしたということになります。更に、口の中の感覚のはずなのに、頭からの刺激と勘違いして頭痛を感じます。このように、痛みの場所に関する勘違いが起こる現象を「関連痛(放散痛)」と呼びます。

 

体のどの部位から生じた感覚でも、感覚を認識するのはその感覚刺激を受けた体の部位そのものではなく、その部位から神経を伝って情報伝達を受けた脳なのです。脳が痛みの部位や性質を誤って認識する現象は、結構いろいろあります。例えば、心臓の痛みを左肩の痛みとして感じたり、内臓の痛みを背中の痛みと感じたりするのも関連痛です。

 

その他、何らかの原因で手足の一部がない人が、ないはずの手足の痛みを感じるのは「幻肢痛」と呼びます。

 

「関連痛」について理解すると、患者さんが痛みを訴える場所から、真の病変部位を見極めることもできます。

 

 

② 血管膨張説

 

冷たいものを一気に食べることで急激に冷やされた口腔内を温めるために体が反応し、温かい血流を大量に送り込む目的で頭に向かう血管が拡張することによるとする説です。

 

血管の拡張が頭痛を起こすというのは、片頭痛と似ていますね。

 

 

ちなみに、片頭痛持ちの人では頭痛がより強烈になるという話もあるようです。片頭痛の方、本当かどうか教えてください。

 

 

上記の2つの説は、どちらが正しいというよりも、両方の機序がともに関与していると考えたほうがいいようです。

 

アイスクリームって美味しいですよね。夏場には欠かせません。でも、頭痛が怖いです。

 

 

頭痛を起こさずに美味しくアイスクリームを頂くには・・・

 

– 少しずつ食べる

 

一気に口の中を冷やしてしまうのが良くないのですから、口の中を冷やし過ぎないよう、ゆっくりと食べましょう。アイスは頬張らずに、口に入れたアイスクリームをゆっくり口の中で溶かしつつ味わいながら食べます。

 

– 口の中を冷やさない

 

つまり、ゆっくり食べるということになりますが、他に口の中を温めることにより頭痛を回避する方法もあります。温かいものを口に入れるといいのです。お茶やホットコーヒー、温かい食べ物なんかと一緒に食べると如何でしょう。ホット・アイスクリームなんかも意外な組み合わせで美味しいですよ。

 

 

それでも頭痛が起こってしまったら・・・

 

– おでこやこめかみを冷やす

 

アイスクリーム頭痛が起こってしまったら、おでこやこめかみに氷や冷たいペットボトルなどの冷たいものを当てると、頭痛が早く治まります。

 

 

アイスクリーム頭痛は、神経の働きが正常な人であれば誰でも起こるものですので、健康について特に心配する必要はありません。