脳の病気まるわかり

– Glasgow coma scale (GCS) –

 

Glasgow coma scaleについて

 

1974年に英国のグラスゴー大学より発表された意識状態評価法で、国際的に広く使用されています。

 

Glasgow coma scale(GCS)は、JCSと異なり、開眼(eye opening: E)、言語反応(verbal response: V)、運動反応(best motor response: M)の3つに分類されます。JCSが、持続開眼(I桁)→言語反応評価、持続閉眼(III桁)→運動反応評価であったのとは異なります。

 

開眼(eye opening: E)

4:自発的に開眼
3:呼びかけで開眼
2:痛み刺激により開眼
1:開眼しない

 

言語反応(verbal response: V)

5:見当識あり
4:会話混乱
3:言語混乱
2:理解不能の声のみ
1:発声なし

 

運動反応(best motor response: M)

6:命令に従う
5:疼痛刺激部位に手足を持っていく
4:逃避反応
3:四肢異常屈曲運動(除皮質肢位)
2:四肢伸展反応(除脳肢位)
1:まったく動かない

 

意識障害の疑われる患者では、上記のスケールに従って、E/V/Mを評価し、合計点を求めます。例えば、正常の人ではE4V5M6となります。4+5+6=15ですので、意識清明の人はGCS 15点となります。これは、JCS 0もしくは1と同等です。

 

一方、最低点はE1V1M1ですので、1+1+1=3点となります。意識状態が最も悪い人はGCS 3点となります。これは、JCS 300と同等です。

 

重症頭部外傷の患者の意識状態評価では、GCS 14~15を軽傷、9~13を中等症、3~8を重症として評価することが多いようです。

 

瞼の状態などが影響して開眼出来ない人については、Eは評価不能とし、気管内挿管や気管切開などにより発生できない人では、VはT(intubation)として評価します。

 

JCSと比較すると、JCS 100(開眼しないがある程度動く)の状態はGCSでは高く評価されます。このような状態は精神疾患などであるかもしれません。四肢麻痺の人は意識状態が悪く評価されてしまいますし、失語の人でも同様に意識障害を過度に見積もってしまうので、運用には注意が必要です。

 

 

 

意識消失・意識障害 関連記事

 

– Japan Coma Scale(JCS) –
– Glasgow coma scale (GCS) –
– 意識障害(一過性) –
– 意識障害(持続性) –