脳の病気まるわかり

頭痛・片頭痛

 

頭痛に関連するページの目次です。

 

頭痛 関連記事

 

頭痛・片頭痛

頭痛の一般的なことを書いています。

 

– 頭痛のメカニズム –

脳そのものは痛みを感じません。痛みが生じるメカニズムについて分かりやすく解説しています。

 

– 頭痛の見分け方の基本 –

一言に「頭痛」といってもいろいろあります。慢性頭痛から急性頭痛まで、そして放っておいてもいい頭痛から命に関わる頭痛まで。

 

– 片頭痛 –

誰でも馴染みのある「片頭痛」という言葉で、2番目に多い頭痛です。でも、痛みが強いため頭痛外来を受診する方の中では最も多いと言えます。

 

– 筋緊張性頭痛(緊張型頭痛) –

実は、頻度の一番高い頭痛で、慢性頭痛の原因になります。

 

– 群発頭痛 –

中年男性に多い、激烈な頭痛です。

 

– 後頭神経痛 –

特定の部位に生じる比較的短時間の痛みです。びっくりして、もしくは心配して受診されます。短期間のうちに治まることが多いものです。

 

– くも膜下出血による頭痛 –

突然生じる頭痛のうち、見逃すと生命の危険があるという点において、非常に重要な頭痛です。

 

– 脳腫瘍による頭痛 –

様々な経過を辿りますし、しばしば他の神経症状を伴います。

 

– 髄膜炎・脳膿瘍による頭痛 –

発熱を伴う急性の激しい頭痛のことが多く、吐き気を伴います。放置しておくと後遺症や生命の危険があります。

 

– 脳脊髄液減少症 –

外傷後や、突然生じることもる慢性頭痛で、診断が困難なため何年も悩まされることがあります。

 

– 副鼻腔炎による頭痛 –

いわゆる蓄膿症です。鼻づまりの症状があり、頭の前方の方が痛むことが多いです。

 

– 緑内障と頭痛 –

緑内障に伴う急激な眼圧の上昇は時として、頭痛やおう吐を伴います。

 

– 薬物乱用頭痛 –

慢性頭痛に対して薬を週に何回も飲んでいると、却って頭痛をこじらせてしまいます。

 

– ほんとうは怖い頭痛のお話し –

頭痛の陰に潜んでいる病気を見過ごすと、取り返しのつかないことになることもあります。

 

– ストレス(精神的な原因)と頭痛 –

慢性頭痛の悪化の一因として、ストレスが関わっています。

 

– アイスクリーム頭痛 –

冷たいものを食べると頭痛が起こるのはなぜでしょう。

 

– 頭痛でお悩みの患者さんへのアドバイス –

 

– こどもの頭痛の特徴と対処法 –

子どもの頭痛は決して少なくありません。子どもの頭痛への対応は、成人とはやや異なります。

 

 

頭痛診療にあたって

 

脳神経外科医にとって最も関わりの深い症状の一つとして、頭痛が挙げられます。

 

頭痛持ちの人は非常に多く、皆さん自身、もしくは皆さんの周りにも頭痛持ちの患者さんは必ずいらっしゃると思いますが、実際、わが国には3000万人程度の頭痛持ちの方がいらっしゃると言われています。

 

頭痛持ちの患者さんはこれほど多いわけであり、市販の頭痛薬で我慢している方や、内科に行ったついでで痛み止めをもらっている方も少なくないですが、頭痛の中から重大な病気の徴候としての頭痛を見抜く、そして生活に支障のある頭痛を根本から解消できるかプロの脳神経外科医としての腕の見せ所です。

 

 

一次性頭痛と二次性頭痛

 

頭痛を大きく大別すると、一次性頭痛(機能性頭痛)二次性頭痛(症候性頭痛)に分けられます。器質性病変とは、形態的に何らかの異常を来している、つまり何らかの病変により正常組織が影響を受けているということです。機能性病変の場合には、病変は認めません(形態的な異常を来していない)が、痛覚に影響を与える臓器の不調により、痛覚受容体が反応して痛みを生じるのです。

 

 

 

 

一次性頭痛(機能性頭痛)とは

 

実は、頭痛の殆どは機能性頭痛ですが、通常、機能性頭痛では重大な病気との関連は希薄です。ですので、極論を言えば、頭痛さえ我慢できれば放置しておいても問題ないのです。代表的なものとして、片頭痛筋緊張性頭痛などがあります。

 

 

二次性頭痛(症候性頭痛)とは

 

一方、器質性頭痛の場合は、背景として頭蓋内に重篤な病気があって生じるので、放置するわけにはいきません。器質性頭痛には、くも膜下出血脳腫瘍髄膜炎などが含まれます。

 

 

「いつもと違う」頭痛には要注意

 

頭痛持ちの方で、いつもの頭痛がまた始まった!という場合には、深刻に受け止める必要はないでしょう。適切な処方を受けており、頭痛軽減・解消のための指導を受けていらっしゃるようでしたら問題はありません。

 

一方、「普段、頭痛なんて感じたことがなかったのに頭痛が起こった」、頭痛持ちの方でも「今回の頭痛はいつもと違う」、「いつもの頭痛は薬が効いていた、すぐに直っていたのに、今回はなかなかよくならない」といったような場合には、器質的頭痛ではないことを確認しておくことは重要です。手遅れにならないうちに専門医を受診し、精密検査を受けておかれると安心です。