脳の病気まるわかり

めまい・ふらつき

 

めまいの原因

 

めまいの原因としては多様なものが考えられます。

 

 

回転性めまい

 

めまいの原因として最も多いのは耳性めまいというものです。耳の穴の奥にある側頭骨という骨の中には蝸牛という聴力に関係する器官と三半規管という体のバランスに関係する器官とが入っています。この、三半規管の調子が狂うと、天井がぐるぐると回るような感覚になります。これを回転性めまいと呼びます。多くの場合には気分が悪くなり、吐き気を催します。

また、耳からのバランス情報を脳に伝える前庭神経という神経の障害もめまいの重要な原因と言えます。

 

回転性めまいを起こす最も有名な病気がメニエール病と呼ばれるものです。これは、回転性めまいを繰り返す病気です。聞こえづらさ、耳の閉塞感、耳鳴りなどを伴います。

 

先行する風邪の症状から1~2週間程度して生じるめまいであれば、前庭神経炎の可能性もあります。前庭神経の炎症によるもので、ウイルスの感染、血流障害、アレルギー性の機序などが原因として考えられます。回転性めまいは数日で改善しますが、ふらつきは数週間以上残ることがあります。なお、聴力の障害は伴いません。

 

その他、基本的に一回限りのものとして良性発作性頭位めまいや、難聴とともに生じる突発性難聴なども耳性めまいの代表的な疾患として挙げられます。良性発作性頭位めまいは、頭を動かした時のみに回転性めまいを生じ、じっとしていると治まります。いかし、じっとしているよりも、めまいを我慢して早く慣れた方が治りが早いようです。一方、突発性難聴は名前の通り突然の高度難聴を特徴とします。めまいの症状は比較的軽いケースもあります。

 

耳性めまいの多くは主に耳鼻科で診療されることの多いものです。一方、聴神経腫瘍という脳腫瘍の場合、しばしば難聴とともにめまいが初発症状となることが多いです。しかも、初めての場合には突発性難聴などとの区別は困難ですので、めまいの状況や経過によってはMRIを受ける必要があります。

 

 

浮動性めまい

 

回転めまいと比較されることが多いのが、浮動性めまいと呼ばれるタイプのめまいです。このタイプのめまいでは「天井が回る」という感じではなく、揺れる感じ、ふわふわとした感じが生じます。この手のめまいは、体のバランスを調整する脳、つまり小脳や脳幹の病変で起こりやすいと言われています。

 

その代表的な疾患として、脳卒中(脳梗塞脳出血)が小脳や脳幹に発症した場合が挙げられます。ただ、小脳や脳幹に脳卒中が生じた場合には、それ以外の脳幹の症状を伴っている場合が多く、脳神経のエキスパートが診察した場合には、区別はそれほど難しいものではありません。

 

小脳の脳卒中が突然発症した場合には、その大きさにもよりますが、症状は尋常ではなく、おう吐や強い頭痛を伴い、場合によっては急速に増大して意識不明な状態となります。こうなると緊急手術が必要かもしれません。

 

なお、浮動性めまいは、回転性めまいが落ち着いた回復期にもしばらく続くことがあります。その他、過度の高血圧でも経験することがあります。

 

椎骨脳底動脈循環不全という病名があります。これは、脳幹や小脳へ血流を届ける”椎骨動脈”や”脳底動脈”の血流が悪くなっている状態を示します。椎骨脳底動脈循環不全もめまいの原因として知られています。特徴としては、急に振り向いたり上や下を向いた瞬間にめまいを生じるというものです。首の動作によって血流が悪くなって生じるとされ、動脈硬化のある方や頚椎の変形の強い方で起こりやすい様です。MRを用いた血管撮影(MRA)が診断に有用です。

 

 

立ちくらみ

 

患者さんによっては、立ちくらみのような状況を「めまい」と表現することがあるかもしれません。立ちくらみでは、気が遠くなるような、あるいは目の前が真っ暗になるような感じがして、立っていることが難しくなります。時に意識を失うことになります。こうなると、失神ということになります。

 

失神の原因として最も多いのが神経調節性失神、あるいは管迷走神経反射と呼ばれるものです。これは、迷走神経という、体の活動を抑制させる副交感神経が過剰に働いて、血圧が下がり過ぎるときに生じます。皆さんが排尿後などによく経験するものであり、排尿失神とも呼ばれます。飲酒して血管が開いているとより起こりやすくなります。

 

起立性低血圧というものがあります。寝た状態や座った状態から急に立つと血圧が下がって気分が悪くなります。降圧剤を飲んでいる方では起こりやすいと言えます。その他、パーキンソン病や、糖尿病やアルコール依存症の方に見られる多発神経炎が原因として生じることもあります。

 

その他、不整脈やその他の心疾患、大血管の病気でもみられることがあります。

 

ですので、患者さんが「めまい」を感じるときでも、脳神経外科をはじめ耳鼻科や循環器内科など多くの診療科で診察を受ける必要があるかもしれません。

 

 

首とめまい

 

めまいの治療を長期に続けても一向にすっきりしない患者さんは少なくありません。このような方の中で、よく聞いてみると肩こりが強い方も少なくありません。

 

首筋の筋肉は、頭と脳を支えるという重要な役割を担っています。それとともに、体と頭を支えながらもそのバランスを脳へ伝えるという役割があり、平衡感覚機能の一端を担っています。肩こり、首こりが強い方はしばしば頭痛を伴っており、首こりに伴う頭痛である”緊張型頭痛”はよく知られています。一方で、強い首こりは、体のバランスに関する情報を首の筋肉から十分に得ることが出来ず、めまいやふらつきに関与している可能性があります。急に動いた瞬間にフラッとしたり、動いている際にふらふらするといった、不安定感を感じるようになることがあります。

 

うつ状態とめまい

 

うつ状態の方は、不眠になったり頭重感を訴えたりすることがありますが、めまいの訴えも少なくありません。ふらふらとした感じを訴えることが多い様です。うつ状態の患者さんの中には、精神的なうつの症状をあまり自覚していない一方で、うつが身体の不調として表れる、”仮面うつ”というものがあり、めまいにも関与していることがあります。

 

加齢とめまい

 

高齢になると、めまいが起こりやすくなります。原因として考えられることは、幾つかあります。

まず、体のバランスに関わりのある各組織(内耳・前庭神経・大脳皮質)の機能が衰えて平衡感覚が鈍ることが挙げられます。

それから、血圧の調節機能(自律神経系)が衰えることも要因の一つです。急な動作に対応して血圧をうまく調整することができなくなり、脳血流が変動しやすくなります。

なお、高血圧、糖尿病、動脈硬化の進行もめまいを起こしやすします。

 

 

めまいでお悩みの患者さんへのアドバイス

 

めまいが回転性めまいなのか、立ちくらみのようなものなのか、それとも動揺性(浮動性)めまいなのかを意識してみましょう。回転性めまいの多くは耳鼻咽喉科の病気です。まずは耳鼻咽喉科を受診してみるのもいいですが、診断がつかない場合や、症状が深刻な場合、そして症状がなかなか良くならない場合には、MRI検査を受けてみた方がいいかもしれません。

 

立ちくらみのようなものであれば、血圧が影響している可能性が高いです。一過性の自律神経系の不調によるものかも知れませんが、不整脈の可能性や起立性低血圧などかもしれません。循環器内科を受診してみるのも一つの手でしょう。

 

めまいが激しい場合や、なかなか良くならない場合には、脳神経外科受診を考慮すべきかもしれません。小脳の脳梗塞や脳出血の可能性もあります。こうした重症の病気がなくとも、耳性めまい、肩こり、仮面うつ、循環器系の症状も含めて総合的な判断が出来るのも、脳神経外科医の優れた一面と言えます。