脳の病気まるわかり

手足のしびれ(運動/感覚の麻痺)

 

手足のしびれについて

 

「手が痺れる」「足が痺れる」という症状で受診される患者さんは非常に多いものです。「痺」という字は、麻痺(まひ)の”ひ”です。

 

一般にしびれというと、手足がジンジンするといった、ちょうど長時間正座したあとのような症状を思い浮かべる方は少なくないと思います。 しかし患者さんの訴えとしての「しびれ」には多彩な症状が含まれていることに注意が必要です。

 

まずは、手足の力がうまく入らなくなった状態を患者さんは「しびれている」と表現することがあります。医学的には「脱力」であり、「(不全)麻痺」の状態でもあり、運動障害の状態を指しています。

 

一方、触覚が鈍いことを「しびれ」という人もいます。触っていても感じない、熱い、冷たいがわからない、自分の手ではないみたいなどといった体験をするかもしれません。その他、いわゆるジンジンする感じ(じんじん感)は、異常知覚・知覚過敏の一種かもしれません。こうした障害は感覚障害に含まれます。

 

 

しびれの原因は

 

運動障害の原因としては、大脳皮質の運動野から皮質脊髄路という神経線維を伝って脊髄で末梢神経へ伝わり、これが手足に届くまでの神経のどこかの障害が疑われます。

 

一方、感覚障害の原因としてはこれとは逆に、手足の末梢神経が脊髄に至り、中枢の感覚線維である脊髄視床路から大脳深部の視床へと続き、最終的に大脳皮質の一次感覚野に到達するまでのどこかの障害で起こりえます。

 

ですので、原因疾患としては大脳の病気、脳幹の病気、脊髄の病気、末梢神経の病気など様々であり、症状の出現の仕方や障害の部位から病変部位を推定することになります。

 

運動神経と感覚神経は、部分的には近接して存在していますが、部位によっては離れていますので、必ずしも一緒に現れるとは限りません。

 

 

しびれでお悩みの患者さんへのアドバイス

 

実は、しびれは非常に多岐にわたり、医師が患者さんの訴えを正しく認識することが意外と難しい症状です。医師から「しびれをもっと具体的に教えて下さい。」「動きが悪いのですか、それとも感覚がおかしいのですか。」と尋ねられると思います。でも、患者さんからすると「しびれはしびれです。しびれているのですよ。」と、押し問答になりかねません。

 

しびれの本質を理解するためには、障害されている機能(運動機能なのか感覚機能なのか、それともその両方なのか)と、障害されている部位(顔・右手・右足・左手・左足、そしてその全体なのか部分的なのか)などを正確に理解する必要があります。患者さんは、こうした症状をできるだけ具体的に担当医師に伝えていただけると、より適切な治療に結びつくかと思います。

 

運動障害や感覚障害については、その原因となっている部位(責任病巣)を、大脳皮質(運動細胞や感覚細胞がいるところ)、脳深部(運動細胞や感覚細胞から線維が伸びていくところ)、脊髄、末梢神経(腕や足の神経)に分けて捉える必要があります。

 

担当の医師には、「体のどの部分が」ということと、「力が入らない」或いは「じっとしていてもじんじんしている」、「温かさや冷たさが分からない」などといったことを、具体的な表現で伝えると正しい診断への近道になります。

 

 

痺れる場所による病変の見分け方

 

① 単肢(四肢のうちひとつ)の障害

 

単肢の運動と感覚の両方が障害されている場合には、末梢神経障害(手や足を通る神経など)の可能性が高いと思われます。脊髄・脳深部では運動神経と感覚神経は少し離れて走行しているので、この二つが同時に障害されることは稀です。ただし、病変がとても大きくなった場合にはそれもあり得ることです。

単肢の運動のみの障害であれば、中枢(脳や脊髄)から末梢神経に至るまで様々な疾患を鑑別に挙げる必要があります。脳の病気として、比較的小さな脳梗塞脳出血脳腫瘍のほか、高齢者の慢性硬膜下血腫、神経内科疾患として多発性硬化症やギランバレー症候群なども考慮する必要があります。 脊髄の病気としては頚椎症や脊髄腫瘍の一部などになります。末梢神経の病気としては、しびれの部位にもよりますが、上肢では手根管症候群、肘部管症候群、橈骨神経麻痺、胸郭出口症候群など、下肢では腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症、動脈閉塞などがありえます。

単肢のみの感覚障害であっても同様に、病変の可能性としては多数ありえます。

 

② 両上肢の障害

 

両上肢の障害はどこの病変でも起こりえるわけではありません。これは、両上肢の運動もしくは感覚線維が近接した部位で、下肢を巻き込まない部位でしか生じ得ません。

感覚障害では、宙吊り型の感覚障害と呼ばれるものがあります。これは、両上肢から胸の部分に限局した感覚障害が生じるもので、脊髄空洞症などで起こります。

 

③ 両下肢の障害

 

両下肢の運動・感覚障害が同時に起こる場合、殊にそれが排便障害や排尿障害を伴っている場合には、脊髄の下の方のレベル(腰髄や仙髄)の障害が疑われます。また、腹部・背部の感覚障害も伴っている場合には胸髄の障害の可能性もあります。

具体的な疾患名としては、この部位の病変であれば何でもいいのですが、例えば腰椎椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、脊髄血管障害(脊髄梗塞・脊髄動静脈奇形)、脊髄硬膜外血腫、脊髄係留症候群、脊髄炎症性疾患など、かなり多数の病名が挙げられます。これについては、神経専門医により障害部位を断定し、この部位のMRI検査を行うことが診断への近道となります。

 

糖尿病性ニューロパチーの場合、四肢末梢の障害が出ますが、下肢から来るかもしれません。

なお、両下肢の運動障害を生じ得る部位として、大脳の病変が挙げられます。大脳では、左右それぞれの脳にある両下肢の運動野が近接して存在しています。更に、この部位の血流は左右それぞれの前大脳動脈という血管から栄養を受けています。正中部、頭のてっぺんにある病変(例えば髄膜腫硬膜外血腫など)では、両下肢の運動障害を来すことがあります。両方の前大脳動脈の血流障害は特殊な状況でしか起こりませんが、これらが同時に生じても、脳梗塞となり両下肢麻痺が起きてもおかしくありません。

 

④ 半身の障害

 

半身の障害が起こるのは、脳に病変がある場合にほぼ限られます。最も多いのは、脳梗塞です。その他、高齢者に多い病変として慢性硬膜下血腫があります。脳出血脳腫瘍、多発性硬化症、などでも生じます。時には、てんかん発作後や糖尿病性昏睡の状態などでも一過性の麻痺が見受けられます。MRIなどの画像検査を、また症例に応じて脳波検査や血液検査を行うとよいでしょう。 頚髄に病変がある場合、病変が左右のどちらかに偏っていると、一側の症状が強く出ることはあり得ます。頭蓋内に異常がない場合には、頚髄の病変も念頭に入れるべきかもしれません。

 

⑤ 四肢の障害

 

四肢の障害も極めて特異的な部位でのみ生じます。それは、主に頚髄疾患であり、たまに延髄疾患です。この部位の疾患であれば、基本的に何でもありです。例えば、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症、糖尿病性ニニューロパチー、ビタミンB1欠乏症(脚気)などです。重度のものが起こりやすいのは、外傷(頚髄損傷)です。その他、この部位の腫瘍や血管障害(脊髄梗塞・脊髄動静脈奇形など)などでも起こりえます。 糖尿病性のものなどは、足先、手先の方から症状が出現します。 過換気諸侯群やパニック障害などでも、四肢のしびれを自覚します。

 

 

しびれでお悩みの患者さんは、一度脳や脊髄のMRIを受けることを考えてみてください。