脳の病気まるわかり

ものが二重に見える(複視)

 

複視とは

 

両目で見て、ものが二重に見えることを医学的には複視(両眼性複視)と呼びます。

 

片目をつぶって反対側のだけでものを見た時に二重に見えるのはその側の目の問題であり、乱視などの眼科的な病気が考えられます。

 

 

原因は

 

複視は、左右の目の焦点が合わない時に起こることで、原因としては目を動かすときにつかう筋肉(外眼筋:6つあります)の異常、もしくはその筋肉に指令を出す神経の異常が原因です(多くは後者)。

 

目の動きを司る神経は3種類あり、一つは瞳孔不同の項で述べた動眼神経です。その他には、滑車神経外転神経があります。それぞれの神経が動かす外眼筋が決まっており、どの神経が障害を受けたかは目の動きを見ると大体わかります。

 

動眼神経は多方向への眼球運動に関与します。動眼神経麻痺が生じると、障害を受けた側の目が上、下、内側を向くことができなくなります。動眼神経は、目の動きの他にもまぶたの動きや瞳孔の大きさの調節にもかかわっていて、動眼神経の麻痺の場合には眼瞼下垂(瞼が下がって目が開かなくなる)、羞明(瞳孔が大きいまま(散瞳)になって、光が過量に目に入る)を伴います。

 

外転神経は名前の通り、目を外側に向ける神経です。従って左右どちらかの外転神経麻痺が生じると、その側の目が外に向くことができなくなります。

 

滑車神経が単独で障害を受けることはあまり多くありません。滑車神経麻痺では下側を向いたときに複視を生じますが、頭を麻痺した側と反対に向けると複視を修正できます(Bielshowsky傾斜試験)。

 

 

複視を生じえる病気

 

原因を探すためにはこれらの脳神経が走行するところに病変がないか、MRIやCT検査を行います。主に考えられる病変の種類としては、脳腫瘍頭部外傷脳血管障害(脳幹の脳梗塞、一部の動脈瘤や海綿静脈洞部の血管異常)、海綿静脈洞の炎症、多発性硬化症などが挙げられます。

 

脳以外に間接的な原因があるものとして、重症筋無力症、糖尿病・高血圧・動脈硬化なども挙げられます。

 

動脈瘤のうち、複視を伴いやすいとされるものは、特定の場所にある動脈瘤です。具体的には、内頚動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤、そして稀に脳底動脈-上小脳動脈分岐部動脈瘤の場合です。こうした部位では、近傍に動眼神経が走行しているので、動脈瘤が増大して動眼神経を圧迫するようになると複視が起こります。脳動脈瘤に伴う複視の場合、動脈瘤が急速増大している可能性があります。破裂の兆候とも考えられており、準緊急的な治療の対象となります。

 

脳幹の脳梗塞や多発性硬化症では複視を生じることがあります。脳幹には内側縦束という眼球運動中枢があります。ここを巻き込むような病変ができると、複視が生じます。障害を受けた部位の微妙な違いによって出現する眼球運動障害の症状はやや異なります(内側縦束症候群、one-and-a-half症候群など)。

 

下垂体、トルコ鞍、斜台、小脳橋角部に発生した脳腫瘍では、腫瘍の種類や大きさにもよりますが、複視を伴うことがあります。それは、この近傍を動眼神経、滑車神経、外転神経などが走行しているためで、こうした神経が腫瘍に巻き込まれると複視が出ます。

 

内頚動脈が頭蓋内に入る手前で、静脈洞と呼ばれる静脈血のプールの中を貫きます。この部分の内頚動脈が破れると動脈血が直接静脈血へと流れ込み、様々な症状を来します(内頚動脈海面静脈洞瘻;CCF)。比較的頻度の少ない病態です。海綿静脈洞の内部を動眼神経・滑車神経・外転神経が走行しています。症状としては、頭痛、複視(ものが二重に見える)・眼球の充血・拍動性の突出、更に耳鳴りなどがあります。時に、脳梗塞や頭蓋内出血の原因となりえます。

 

その他、眼球の裏に腫瘍ができると、それにより眼球の位置がずれたり眼球を動かす外眼筋の動きに制限が出来たりして複視を生じることがあります(眼窩内腫瘍)。

 

 

まとめ

 

急に複視を発症した患者さんの多くは、眼科から脳神経外科に紹介を受けます。脳神経外科ではMRIを撮って、上記のような病変がないかどうかを確認します。