脳の病気まるわかり

ろれつが回らない(構音障害)

 

構音障害とは

 

ろれつが回らないことを医学的に、構音障害と呼びます。言語を音として作ることが障害された状態で、通常は唇、舌、喉のあたりの麻痺に伴う症状です。

 

その他、発達の遅れや知的障害、聴力の障害などがあれば構音がうまくできないこともありますが、ここではこのようなケースは割愛させて頂きます。

 

構音障害とは、喋る機能の障害の一つではありますが、失語症とは異なるものです。失語症の方は言葉を理解したり単語や文章を頭の中で組み立てることが出来なくなります。一方、構音障害の方は言葉の意味を理解し、頭の中で言葉や文章として組み立てることはできるのですが、それを音にするとうまくいかなくなります。

 

 

球麻痺と仮性球麻痺

 

普段から普通に会話出来ていた方に構音障害が突然生じた場合、その原因としては脳もしくは口や喉の付近の運動に関わる脳神経の障害が考えられます。

大脳皮質・皮質下、そして橋に原因がある場合は仮性球麻痺と呼ばれ、延髄に原因がある場合は球麻痺と呼ばれます。仮性球麻痺による構音障害の原因疾患の代表は脳卒中です。その他、筋委縮性側索硬化症(ALS)や多発性硬化症なども挙げられます。

延髄や同部位から出ていく脳神経の障害による場合を球麻痺と呼びます。球麻痺の原因として、脳卒中のほか、筋委縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症、脳神経外科手術後などがあります。

 

 

補足(治療など)

 

脳神経の障害が原因で急に構音障害が生じた場合、しばしば嚥下の障害を合併しています。それはこうした脳神経が口や喉の付近の機能全般にかかわるからです。

 

急にろれつが回らなくなった、もしくは一時的にろれつが回らない症状が出現した場合には、脳卒中や脳卒中の前兆(一過性脳虚血発作)の可能性もあるので、脳の専門病院を受診してみることをお勧めします。

 

構音障害の治療はリハビリになります。仮性球麻痺の患者さんでは嚥下反射が残っているため、意識や意欲に問題がなければ比較的回復がよいことが多い一方、球麻痺では嚥下反射が障害されており、後遺症が残りやすいものです。