脳の病気まるわかり

月経不順(生理不順)

 

月経不順と脳下垂体

 

月経不順の原因は、基本的に女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)のバランスの乱れにあります。

 

ホルモン産生の指示は脳の視床下部というところで行われ、その指示に応じて脳下垂体でホルモンが産生されます。このホルモンが卵巣に影響して月経のリズムが形成されます。

 

ホルモンバランスが崩れる原因はストレスなども含めいろいろとありますが、その一部には脳下垂体の疾患が含まれます。卵胞ホルモンや黄体ホルモンを産生する腫瘍もありますが、月経停止の原因として最も大きいのはプロラクチン産生腫瘍というものです。プロラクチンは、母乳の産生に関わるホルモンですので、月経が止まると同時に母乳が出るようになってしまいます。このような症状の際には脳のMRIを受けてみることをお勧めします。