医師紹介

院長ごあいさつ

こんにちは。この度、西区マリナ通りに開業させていただくことになりました。
医師としての人生をスタートするにあたり、「人が人らしいゆえんたる脳という組織とその機能について追及したい」という思いと、「目の前にいる人が倒れても対応できる医師になりたい」という志を抱いて脳神経外科の世界へ飛び込みました。現在の専門はいくつかありますが、自分で専門の柱だと思っているのは脳の機能に関することです。
医師になりたての頃は、ほぼ毎日、当直やオンコールとして、意識障害や頭部外傷患者さんが運ばれてくるたびに対応に当たり、かけがえのない貴重な体験をしました。九州大学の救命救急センターではスタッフの一人として頭部を中心とした多くの重症救急患者の治療に尽力し、救急のスタンダードを体得しました。飯塚病院でもまた多くの動静脈奇形の難しい手術を手掛け、脳動脈瘤クリッピング術や頸動脈内膜剥離術、血管吻合術を習得しました。大学に戻ってからは、それまでの経験を生かして病棟医長として患者対応の陣頭指揮を執るとともに、後進の育成に全力を尽くして参りました。その間、専門のてんかんのほか、大学病院ならではの脳腫瘍治療にも多くの関わりを持ちました。
そして、このたび、地元の患者さんの脳の相談の窓口になりたい、患者さんの健康の悩みに直接向き合う仕事に専念したいとの思いから、馴染みの深いこの地でのクリニック開院に至りました。今まで培ってきた経験を活かし、地域の皆様のニーズにお応えできるクリニックとなるべく精進いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
院長 橋口 公章 はしぐち きみあき
院長 橋口 公章

プロフィール

福岡生まれ、福岡育ち。これまでの人生の殆どを福岡で過ごしてきました。大学時代はラグビーに没頭しました。自分のことを短く表すと、「努力」と「向上心」だと思っています。大切にしたいと心掛けているのは、人と人との繋がりです。地元では、小学校を支えるおやじの会のメンバーとして活動し、地域貢献を心掛けています。趣味は音楽、カメラ、ラグビー、旅行、アウトドアです。最近は息子の通うラグビー教室でコーチとしての活動もしています。一眼レフカメラを片手に息子と二人でプチ旅行をすることが好きです。
橋口 公章

専門

脳機能、頭痛、脳卒中、頭部外傷、小児神経、てんかん、その他脳の機能に関わる病気

学歴

1992年 久留米大学附設高校卒業
1999年 九州大学医学部卒業
2006年 九州大学大学院修了(3年で学位を取得)
(医学系学府機能制御医学専攻博士課程)

職歴

1999年

九州大学医学部付属病院研修医(第二外科)

1999年 九州大学医学部付属病院研修医(脳神経外科)
2000年 下関市立中央病院研修医
2001年 下関市立中央病院医員
2003年 九州大学大学院医学研究院脳神経外科大学院生
2006年 九州大学病院脳神経外科医員
2006年 九州大学病院救命救急センター助手
2007年 九州大学病院脳神経外科医員
2008年 九州大学病院脳神経外科助教
2011年 飯塚病院脳神経外科医長
2014年 九州大学病院脳神経外科助教(病棟医長)
2015年 九州大学病院脳神経外科講師
2017年 はしぐち脳神経クリニック開院

免許等

1999年 第93回医師国家試験合格
医師免許証
脳神経外科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本てんかん学会専門医
日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定
迷走神経刺激療法資格認定
日本臨床神経生理学会認定医
日本小児神経外科学会技術認定医

学位

2006年 博士(医学)(九州大学医博甲)