Q&A

受診について

予約制ですか?
受診は予約制ではありませんが、予約をされている方の診療は優先的に行っています。仕事・家事などで時間に余裕がない方は予約されて来院されることをお勧めします。ただし緊急性のある病状の方の診療が優先されますので、予約をされていても予約通りに診療できないこともあります。検査(MRI/CT/脳波/エコー)は予約制です。但し、検査枠に余裕がある場合や緊急性の高い場合には当日に検査を行います。
初めて受診するときは何を持っていけばよいですか?
健康保険証のある方は、保険証を必ずお持ちください。 各種検査の金額についてはこちらをご覧ください。
車椅子のまま受診できますか?つきそいが必要ですか?
車椅子の方の受診を想定して、院内はバリアフリー化に努めております。また、当院スタッフが心を込めて対応させていただきます。つきそいの方がいらっしゃらない場合には事前にお知らせいただく、もしくは窓口で介助をお申し出ください。
駐車場はありますか?
敷地内に46台分の駐車場を用意しておりますので、ご利用ください。
他の医院で診療を受けていますが、セカンドオピニオンは受け付けてもらえますか?
患者様により多くの治療選択肢を紹介し、最も望ましい治療方法を選択して頂くことは、当院のできる重要な役割の一つだと考えております。無用な手術を受けないためにも、治療を受けて後悔しないためにも、そしてよい主治医との出会いを求めていらっしゃる方も、是非ともご利用ください。
他の医院・病院への紹介状は書いてもらえますか?
診察医が必要と判断した場合、また患者様からお申し出があった場合には紹介状を書きます。患者様から医療機関の指定があった場合にはそちらを紹介いたします。ない場合には、患者様に最も適した医療機関を一つもしくは複数ご提案させていただきます。 具体例: ・診察医が、他の専門領域で検査・診断・治療を受けるべきと判断した場合 ・診察医が、入院・手術設備のある病院で治療を受けるべきと判断した場合 ・他院から患者様を介して、経過や検査結果についてのお問い合わせがあった場合 ・患者様からクリニック・病院紹介の申し出があった場合 ・患者様から転医の申し出があった場合

症状について

脳神経クリニックとは、具体的にどのような症状のときに受診するものですか?
よくある訴えとしては、「頭痛」、「手足のしびれ」、「一時的に手に力が入らなくなった」、「めまい」、「立ちくらみ」、「ふらつき」、「もの忘れ」、「頭を打った」、「顔の歪み、痛み」、「顔や手が震える」、「けいれん」などです。 その他、他の診療科で脳の病気を疑われて、もしくはその可能性を否定したいために相談を受けることがあります。 また、家族や知り合いに脳が原因で倒れた人がいて、自分も気になるので診てもらいたいというご相談も多くあります(患者様の症状により、必要な検査・診察をお受けしております)。
ちょっとした頭痛が続くのですが脳神経クリニックを受診するのは大げさすぎますか?
全く問題ございません。むしろ、頭痛の原因を明らかにすることで、患者さんの頭痛の原因を可能な限り排除して生活の質を向上させることが当院の使命と考えております。
風邪などの体調不良でも受診していいですか?
風邪などのちょっとした体調不良についても、受診していただいて構いません。 診察医の判断で、より専門的な治療が必要と判断した場合には、各患者様にとって最も適切なクリニックや病院をご紹介させていただくこともございます。

診療について

子どもも診てもらえますか?
院長の専門分野の一つに、小児神経領域があります。頭部のちょっとした怪我や頭部打撲、脳しんとうから、てんかんや脳脊髄の先天奇形(二分脊椎、くも膜のう胞、頭蓋縫合早期癒合症、裂脳症、キアリ奇形など)、水頭症、脳腫瘍、もやもや病など専門的な病気の診断・治療方針・セカンドオピニオンまで、何でもご相談ください。
予防接種はできますか?
インフルエンザを始め、一般的なものについては対応可能です。お電話、もしくは窓口へ直接お尋ねください。

検査について

検査は予約がいりますか?
検査は完全予約制ではありませんが、予約の患者さまを優先的にご案内しております。当日お申し込みの方の場合、ご希望に添えないことがありえますので予めご了承ください。なお、主治医が、極めて緊急性が高いと判断した場合にはその限りではありません。
どんな検査ができますか?
神経診察検査、各種高次脳機能検査、脳波検査、MRI、CT、頚動脈エコー、心電図、血圧測定、血管年齢検査、身体測定、各種血液検査、尿検査に対応しています。
他院で検査を受けたのですが、改めて検査が必要ですか?
不要な検査を避けるためにも、他院での検査データを提供していただいて受診してください。口頭での「異常はなかった」、「医師から○○と言われた」という言葉だけでは病状の診断はできません。検査を受けた医療機関へ情報提供をお願いしてみてください。
MRIによる健康被害が心配です。
MRIでは、磁力により脳の断層撮影を行いますので、放射線被ばくの心配はありません。また、一部の脳腫瘍の患者さんを除き、造影剤を用いることなく診断できますので、造影剤による副作用の心配はありません。

保険・費用について

保険は使えますか?
ほとんどの診療行為については保険診療になります。保険証をご持参ください。