コロナウイルス感染予防のためにできること

新型コロナウイルス感染予防のため、一人一人ができることをまとめてみました。

 

家でできること

・家庭内の換気をまめに行うこと。

・外出から帰ったら手洗い、うがいを行う。

・手洗いには石鹸を用いる。

・帰宅後、手洗いうがいの後、気になる方はシャワーを浴びて、服を替えましょう。

・15分毎にうがい(飲水)を行う。

・家族みんなが触るところをアルコールなどで消毒すること。

・部屋の湿度を50~60%に保つこと。

・不用意に顔を触らないこと。

・できることなら、タオルを共有しない方がいいです。

・食べ物も、大皿で皆で取り合うよりも、各自に取り分けておいた方がいいです。

 

職場や施設、集合住宅でできること

・手摺りなどには不用意に触れない。

・エレベーターのボタンやドアノブ、手摺りなどをアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで拭く。

・ロビーなどの換気をよくする。

・(可能なら)在宅勤務に切り替えること。

・その他、家でできることと同様のこと。

 

外出時にできること

・人が沢山いるところに行かない。

・賑わっている飲食店に行かない。

・ビュッフェ形式の飲食店は避ける。

・混雑する時間帯の電車やバスを避ける。

・電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなどに触れるのは極力避ける。

・なるべく全員がマスクを装着する。

・できれば眼鏡やサングラスをかける。

・同居家族以外とのキスや抱擁をしない。

・各自の箸で食事をとりわけることをしない。

・不用意に顔を触らないこと。

・周囲の人とは1.5~2m程度の距離を保つ。

 

控えたほうがいいこと

・バーやナイトクラブ、カラオケボックス、麻雀などの密閉された空間に行くこと。

・パチンコなど、不特定多数の人が長時間滞在する空間を避けること。

・大規模イベントに参加すること。

・集会に参加すること。

・家族以外のグループでレストランや居酒屋などに行くこと。

 

行ってもいいこと

・屋外での運動(ウォーキングやジョギングなど)。

・徒歩(人の多いところをなるべく回避)、自転車、バイク、車での外出。

・日用品、生活必需品の買い物(人が多いところを避ける)。

・通院(毎日の薬をもらいに行くこと、調子が悪いときに診てもらうこと)。

※ 風邪の症状の時には、軽ければ家で大人しくしておきましょう。症状が強いときは、発熱と咳があれば帰国者・接触者相談センターへ相談後、状況次第では近くの内科・小児科に電話で問い合わせしてから受診しましょう。

 

2020年03月31日