新型コロナウイルスに関して

最近は、ニュースを見ても新型コロナウイルスの話題ばかりです。

欧米ではこの1週間で患者数が爆発的に増加しています。

本邦では、国民一人一人の注意もあり、幸いにも諸外国と比して患者数の増加は緩やかなペースにとどまっています。

最近は、福岡でも美術館や博物館、図書館なども再開され、4月には学校も再開する見込みです。また、国民の皆様もこの自粛ムードに飽き飽きとしている印象を受けます。

ただ、これから自粛ムードにほころびが生じると、本邦も諸外国と比べて例外ではなく、患者数が爆発的に増加する危険があります。

本邦ではクルーズ船を除く感染者数が1000人を超えたばかりですが、死亡数は30名台です。しばしば、本邦では検査数の少なさが問題点として指摘を受けていますが、国際的な死亡率と日本の医療レベルを考慮すると、本邦での新型コロナウイルス関連死亡率は概ね1%程度ではないでしょうか。そうすると本邦には不顕性感染を含め3000程度の感染者がいてもおかしくありません。

皆さんこれからまだまだ正念場です。不要不急の人の多いところへの外出は避け、大規模イベントへの参加は今しばらく控えたほうがいいでしょう。歓送迎会シーズンですが、注意してください。残念ながら、皆で集まっての花見も今しばらくは自粛をお勧めします。

これまでと同様の自粛生活をしばらく続ける覚悟で頑張りましょう。

2020年03月22日