講演会-睡眠薬や抗不安薬の適切な使い方-

睡眠薬や抗不安薬(いわゆるベンゾジアゼピン系と呼ばれます)の使い方に関する研修会に出席してきました。

 

睡眠不足や睡眠過多はどちらも健康にとってよくないというデータがあるのですが、いわゆるベンゾジアゼピン系の薬の弊害が近年、ますます強調されるようになってきています。

一つには、依存性があるということ、また認知機能を下げる可能性があるということなども問題視されています。

 

眠れないことも望ましくないことですが、薬と上手に向き合うようにしなければなりませんし、他の機序の不眠治療薬を上手に用いることも重要です。

不眠でお困りの方は、専門の医療機関で相談されることをお勧めします。

2019年12月10日